印刷・用紙に関するご質問

ノーカーボン用紙(感圧紙)の種類は、どのようなものがありますか?

一般に流通しているノーカーボン用紙(感圧紙)は、N30~N130までです。上用紙・中用紙・下用紙それぞれに厚みがありますので、詳しくは別表をご覧ください。

減感印刷って何ですか?   動画説明ページもご覧ください

減感印刷とは、バックカーボン印刷とは逆の要領でノーカーボン紙の発色を止める印刷です。発色を止めたい部分に減感インクで印刷することで、その部分だけを発色しないようにできます。受領書の金額部分が発色しないようにしたり、印鑑を押す部分の発色を止めたりする場合に使用します。 

レーザープリンター用のカット紙は作れますか?

はい、大丈夫です。レーザープリンターはトナーを定着させる為にドラムと言う部分で熱をかけます。このため用紙がカールしやすく、NIP紙と言う特殊な上質紙を使います。また一般インクではドラムの熱でインクの汚れが出たりする為、UV印刷を使用します。

UV印刷って、何ですか?   動画説明ページもご覧ください

一般に印刷で使用するインクは、印刷後自然乾燥によって乾燥します。UV印刷とは、紫外線(UV光線)を当てることで瞬間に硬化するUVインクを使った印刷です。

ミシンの種類について   動画説明ページもご覧ください

ミシンの種類と切れ味ついての説明です。動画をご覧ください。

ノーカーボンバックカーボン
発色内容青色発色
黒色発色
複写が比較的濃い
基本色は藍と黒(赤、緑、茶も対応可能です)
発色内容の原理塗布された小さなカプセルが筆圧により潰れ、
中の反応液が化学反応することで発色
印刷した裏面のカーボンインキ自体が
筆圧により転写
経年劣化耐性使用状況にもよるが比較的短い
(5年程度)
使用状況にもよるが比較的長い(5年~10年)
産業廃棄物管理票(マニフェスト)などの
長期保存文書に必須の場合がある
見た目裏面が白い状態で加工されているようには見えない
手などが汚れない
用紙の裏にはカーボンインクが印刷されている
擦れなどで用紙や手などヨゴレがつきやすい
耐水性
耐油性
対候性
耐性無し素材が水や溶剤に溶けない有色微粒子の
性質上、各耐性が強い
転写用紙基本的に感圧紙にのみ上質紙、色上質紙、タック紙、ユポ紙等
ほとんどの用紙に転写可能

ご依頼・ご相談はコチラ

印刷に関するあらゆるご相談、お仕事のご依頼などお気軽にお問い合わせください。

電話:075-662-0391 Fax:075-662-0343


お問い合わせフォーム

営業カレンダー

2021年10月
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ページの先頭へ