印刷・用紙に関するご質問

ノーカーボン用紙(感圧紙)の種類は、どのようなものがありますか?

一般に流通しているノーカーボン用紙(感圧紙)は、N30~N130までです。上用紙・中用紙・下用紙それぞれに厚みがありますので、詳しくは別表をご覧下さい。

減感印刷って何ですか?   動画説明ページもご覧下さい

減感印刷とは、バックカーボン印刷とは逆の要領でノーカーボン紙の発色を止める印刷です。発色を止めたい部分に減感インクで印刷することで、その部分だけを発色しないように出来ます。受領書の金額部分が発色しないようにしたり、印鑑を押す部分の発色を止めたりする場合に使用します。 

レーザープリンター用のカット紙は作れますか?

はい、大丈夫です。レーザープリンターはトナーを定着させる為にドラムと言う部分で熱をかけます。このため用紙がカールしやすく、NIP紙と言う特殊な上質紙を使います。また一般インクではドラムの熱でインクの汚れが出たりする為、UV印刷を使用します。

UV印刷って、何ですか?   動画説明ページもご覧下さい

一般に印刷で使用するインクは、印刷後自然乾燥によって乾燥します。UV印刷とは、紫外線(UV光線)を当てることで瞬間に硬化するUVインクを使った印刷です。

ミシンの種類について   動画説明ページもご覧下さい

ミシンの種類と切れ味ついての説明です。動画をご覧下さい。

ご依頼・ご相談はコチラ

印刷に関するあらゆるご相談、お仕事のご依頼などお気軽にお問い合わせください。

電話:075-662-0391 Fax:075-662-0343


お問い合わせフォーム

やまとカーボン社は財団法人日本情報処理開発協会からプライバシーマークの認定を受けました

ページの先頭へ