沿革

昭和27年滝本印刷会社創立(京都市上京区六軒町)
活版印刷機2台を設置
昭和36年加熱式カーボン機を導入し裏カーボン印刷を開始する
工場移転(中京区西ノ京左馬寮町)設備の充実を計るため、
新たにドイツハイデルB型印刷機1台を増設
昭和40年1月8日株式会社やまとカーボン社設立(資本金100万円、中京区)
Uエースゴム凸版式カーボン印刷機を導入
以後5年間に同機4台を増設、裏カーボン印刷でのレベルアップに努める
昭和47年SCR輪転機W62-A3・SCRコレートカッターW38-A-3受機
導入により、事務伝票メーカーとしての体制が整う
昭和60年明製作所18EFフォーム2色+カーボン+ナンバー印刷導入
NT-A型フォーム丁合機を導入
フォーム印刷業界にも進出。資本金1,000万円に増資する
平成元年5月社屋を移転(南区上鳥羽塔の森)
明製作所18EF フォーム2色+カーボン+ナンバー印刷増設
平成4年資本金を2,200万円に増資する
平成5年6月新社屋増築竣工
宮腰 MVP-18 フォーム印刷機4色+カーボン印刷機を導入
製本部増設一層の内製化に取り組む
平成11年8月宮腰 MVP-18 フォーム4色印刷機を増設
平成15年6月太陽機械 TOS-300 フォーム3色印刷機を増設
平成18年11月宮腰 MVF-18A フォーム6色印刷機を増設
SCREEN 四六半歳 フォトポリCTPを導入
平成20年2月南精機 IBS-3 16パーツ Wバースターを導入
平成20年10月東レ G5120WE 漢字プリンターを導入
平成21年1月東京神保町に東京営業所開設
平成23年2月南精機 BS-1 8パーツ バースターを導入
平成23年3月コニカミノルタ bizhub PRESS c6000 オンデマンド印刷機導入
平成23年8月宮腰 MVP-18A フォーム3色+カーボン+ナンバー印刷機を導入
平成23年9月代表取締役会長に、瀧本 正明が就任
代表取締役社長に、四方 裕が就任
平成24年1月大西機械 NC制御ドリル穿孔機 CDX-4Wを増設
平成24年11月東京営業所を九段南に移転・拡張
平成25年11月浮田工業 インクジェット印刷機 SJ-500を導入
平成26年11月コニカミノルタ bizhub PRESS c1100 オンデマンド印刷機を導入
平成26年12月RYOBI 520HX 菊四裁 2色+ナンバー印刷機を導入
ホリゾン 平版帳合機を導入
ホリゾン ミシン加工機を導入
平版帳票(印刷)設備が整う

新着情報

2017.03.24

汎用偽造防止用紙

重要書類の偽造を防ぐ、やまとカーボン社のプリンター用偽造防止用紙のご案内です。

汎用偽造防止用紙

2017.03.02

求人のお知らせ

やまとカーボン社では一緒に働いてくださる方を募集します。

求人のお知らせ

2017.03.02

ビジネス交流フェアー

ビジネス交流フェアに出典中です。

ビジネス交流フェアー
過去一覧を見る

ご依頼・ご相談はコチラ

印刷に関するあらゆるご相談、お仕事のご依頼などお気軽にお問い合わせください。

電話:075-662-0391 Fax:075-662-0343


お問い合わせフォーム

営業カレンダー

2017年03月
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
※8月11日は営業致します。

やまとカーボン社は財団法人日本情報処理開発協会からプライバシーマークの認定を受けました

ページの先頭へ